パンチョココのわくわく横浜・鎌倉散策 ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年12月17日に山手西洋館クリスマス2011に行ってきました!!

<<   作成日時 : 2011/12/19 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エスプリ香るパリスタイルのクリスマスをテーマにしたブラフ18番館です。かつては山手町45番地で、カトリック山手教会の司教館として、平成3年まで使用されてきました。同年11月に解体されることになったため、横浜市が部材の寄付を受け、山手・イタリア山庭園内の現在地に移築復元されました。詳しくはホームページを見てくださいね。まずは、ダイニングルームに行きました。ピンクを基調に、大きなクリスマスリースが目に飛び込みました。
画像

そして、サロンに入るとテーブルには、お花とフルーツで飾られたクリスマスケーキやデザートがおいしそうに並んでいます。食べたくなっちゃいます。華やかな飾り付けです。
画像

サンルームには、銀世界をイメージしています。あちらこちらに小鳥の家があります。小鳥がかわいいです。
画像

白い大きな木の枝にはよ〜く見ると小鳥が数羽います。
画像

ゴールドのリボンで巻かれたツリーです、パープル系のお花が脇に飾られていてツリーとマッチしています。
画像

ケルトの国のクリスマスをテーマにした外交官の家です。
外交官の家は、東京渋谷の南平台に明治43年に建てられた旧内田邸を、平成9年横浜市が山手イタリア山庭園に移築・復元したものです。食卓にはクリスマス飾りを施されたテーブルウェアがきれいですね。こんな館に一度は泊まってみたいです。
画像

階段には赤いリボンが巻かれていて、クラシカルな階段を引き立てています。立派な階段ですね。
画像

主寝室の隣には八角形の小部屋があり、ここからの眺めは素晴らしいです。高台にあるので見晴らしが最高ですね。ロッキイングチェアにのっているくまさんがとてもかわいらしいです。
画像

約30分のアイリッシュハープの弾き語りです。アメイジング・グレイスがとても素晴らしかったです。西洋館でのコンサートはクリスマス気分を盛り立ててくれますので、毎年楽しみです。
画像

クリスマスin マイカントリー のクリスマスをテーマにしたベーリック・ホールです。
ベーリック・ホールは現存する山手外国人住宅の中では、最大規模の横浜認定歴史的建造物です。たしかに横長に広々とした館です。2002年に市民の施設として活用されました。
画像

パームルームには、獅子頭のついた壁泉があります。その正面には白銀をイメージしたオブジェがあります。窓枠とピッタリ合っていますね。
画像

居間はコンサート会場として使用されます。正面にはグランドピアノが置いてあります。その横にクリスマスツリーがあります。
画像

令息寝室の棚には、羊のぬいぐるみが沢山飾っていました。手作りでしょうかね。とってもかわいいです!もこもこして暖かそう!
画像

窓に西日が差しこんで、クリスマスリースがキラキラ輝いてとても綺麗です。この館は何度来ても、広々としてモダンな作りなので、見ていて飽きません。
画像

妖精と子供たちのクリスマスをテーマにしたエリスマン邸です。
山手町127番地に建てられた建築史上価値の高い洋館です。昭和57年マンション建築のため解体されましたが、平成2年元町公園内の現在地に再現されました。
画像

応接室のテーブルにはチューリップの生花が飾られていました。クリスマスドリームでしょうかね。奥には苔の椅子があります。座ったら大変だ!!
画像

食堂兼居間に子供たちが大喜びしそうな動物をあしらったテーブルウェアやカラフルなキャンディーなどお菓子も盛り沢山のダイニングテーブルがあります。私も参加したい気分になりました。
画像

サンルームには立派なクリスマスツリーが置かれています。プレゼントも沢山!!近くにはおもちゃもディスプレイされています。
画像

ベネチアガラスに彩られたクリスマスをテーマにした山手234番館です。
昭和2年頃、外国人向け共同住宅(アパートメントハウス)として民間業者によって建設されました。館内には吹き抜けがあり、光庭として使用されています。モダンなアパートですね、住んでみたい。居間のクリスマスツリーには、ベネチアから取り寄せられたガラスで制作されたオリジナルオーナメントが飾られています。
画像

2階休憩室には暖炉にキリスト様誕生の飾りが施されていました。
画像

2階は刺繍が施されたクリスマス飾りやオーナメントが展示されていました。とても変わった趣向でした。
画像

かわいいお家のオーナメントで飾られたクリスマスツリーが登場しました。お家にもそれぞれ刺繍が施されていて、かわいいです。刺繍の芸術作品が盛り沢山です。
画像

英国名窯で彩るクリスマスをテーマにしたイギリス館です。
昭和12年、英国総領事公邸として建築されたコロニアルスタイルの建物です。昭和44年に横浜市が取得し、翌年からは市民利用施設として使用されています。また、平成14年からは、一般公開もしています。夜になるとライトアップしてきれいです!
画像

今年は、ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウェディングにあやかり、ロイヤルファミリーとつながりの深い英国名窯エインズレイを中心にコーディネートしています。1階はコンサートホールとして使用されているので、展示は2階のみとなっています。
画像

英国名窯エインズレイの豪華なテーブルウェアの数々。下の写真のお皿には英国ロイヤルファミリーの家系図が記されています。
画像

子供部屋をイメージしたクリスマスツリーやテーブルウェアが並んでいます。ツリーには、よ〜く見るとくまさんのオーナメントがありますよ。かわいらしいですね。
画像

「祈り・希望〜絆を深めるクリスマス」をテーマにした山手111番館です。
大正15年にアメリカ人の住宅として現在地に建設されました。建物中心の吹き抜けのある空間は、山手111番館の特徴の一つです。横浜市は平成8年に敷地を取得し、建物の寄贈を受けて、港の見える丘公園と一体的に利用できるように現地保存改修を行いました。山手西洋館の中で、一番ライトアップが素晴らしい館です。
画像

ホールには、折り鶴がオーナメントになっているクリスマスツリーがあります。今年、一番のクリスマスツリーではないでしょうか。
画像

報コーナーでは、来館者の人々が広いテーブルで折り鶴を折っています。皆さん、それぞれの思いをこめて。横浜から思いをのせた折り鶴が羽ばたきます。
画像

白を基調にしたテーブルウェアですね。清楚なイメージが、、、やはり日本らしい。
画像

本日はホールでコンサートが18時から始まるので、食堂横にある厨房では軽食の準備でスタッフの方々は忙しそうです。私も事前に電話予約をしたら、残念ながら満席でした。次回はもっと早く電話をしないとね。。。もっと詳しく知りたい人はパンチョココのホームページを見てね。右サイドバーのリンク集からアクセスして下さいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年12月17日に山手西洋館クリスマス2011に行ってきました!! パンチョココのわくわく横浜・鎌倉散策 ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる